loading

アルク 訪問リハビリマッサージ

お問い合わせ/無料体験申込

048-483-4669
aruku.massagehotmail.com

ご注意ください! 指の腱鞘炎とバネ指について

2019/08/23

ケアマネージャさんなど、長時間パソコンを使ったお仕事をされる方に手首などの腱鞘炎や「バネ指」と言われる症状になる人が増えています。

 

指を伸ばすとき引っかかるような感じなる「バネ指」

 

指の曲げ伸ばしは、曲げ伸ばしする時に使う腱(けん)と、腱を骨に固定している鞘(しょう)が問題なく働いていることで保たれています。

ところが、指の使い過ぎにより炎症を起こすと痛みが出てくるとともに、うまく曲げ伸ばしできなくなります。

引っかかるような感じになったり、引っかかったあと急に(バネのように)指が伸びる・・・といった症状になったら「バネ指」です。

安静にするのがいちばんなのですが、仕事でパソコンを使っているとそうもいきません。そこで重症化する前の対策を考えてみました。

 

「バネ指」防止と改善策

 

手首保護のリストリスト等を使う

まずは手首にや指の負担を軽減しましょう。低反発タイプのマウスパッド、リストリストは様々なタイプが出ています。

 

手首/指サポータを使う

こちらも同様、様々なタイプのサポータがありますよ。

なるべくいろいろな指で操作できるようにしておく

人差し指だけでなく中指も使ったり、場合によっては薬指も動員。また、連続作業を避けて手首や指を休ませる工夫も必要かもしれません。

痛みには「ロキソニン」などが配合された市販薬(塗り薬)も出ています。

 

重症化しないよう、ケアしてあげてくださいませ…。

 

 

ご訪問ありがとうございました。


アルク訪問リハビリマッサージ

朝霞市岡3-10-17ハイブリッジ朝霞106
電話 048(483)4669
FAX 048(456)5941
営業時間 月曜~土曜 9時~19時

  • Home
  • ブログ
  • ご注意ください! 指の腱鞘炎とバネ指について